時々記事

                    
          HOME               画像はカーソルが手のひらの時はクリックで大きくなります

 2014 9月22日 時々記事のこれまでの分は削除しました
■2015・4・7 計画
テーマ 材料 大きさ 描法 提出先
夜の里山 S50 ●風 牛久ビエンナーレ
春の里山 水彩 S50 外隈 わくわく
田ごとの空 水彩 F80 上から目線 水彩連盟
食べ物 小品 細密画
クロッキーから人物画 油 水彩
建物 田舎 油 水彩 人の顔 かわいい絵
建物都会 油 水彩

あとシルエットを
もちょっと 描けるようになりたい
■2015・2・10 ガラスの絵
ここの所の彩友会の課題はガラスだったが 45年前にも同じ課題がでた



実はこういうの
絵としてどう構成していいかわからない
それで


こんなのだとか

こんなのだとか
描いたんだった

今回のもつい描いただけになってしまう




みんなには
青い色が好きなの?と言われる
つい無自覚だと青い色が多いかもしれない

今度青い色をあまり使わないで透明感を生かした絵を描いてみよう

しかし大塚先生の話を聞いていると
受験勉強みたいだという気がする

要は 色味のないものをどう描くか
透明感と質感をどう描くかの訓練みたいだ

大塚先生が持ってくるご自分の参考作品の多くは
B2の水彩だし
同じ受験をしてたのか?と思うことがある

彩友会の皆は何を求めてこういう課題で右往左往しているか見ていると

大きさを測るのどうするの?
とか
ここに何を入れたらいいだろうとか
いろいろなことを言っている

私の絵は最後に5つのモチーフが同じように主張してうるさかったので
序列づけをして終わりにしたが
それでもやっぱりうるさい

やっぱりさ 平面として再構成しないといけないんでないか?
■2015・4・1 描きたい絵
蘆雪の絵はかっこいい
そう思うと
自分にとって
美しいとは何か
と言えば
粋でカッコいい

それだな 
と自分はダサい癖にそう思う
これまで 人物画を描くのは好きだと思ってきたけれど
実際好きだけれど
人間をどういうのをとらえて描くかそんなこと大して考えていなかったな
と思い
クロッキーをもとに 人物画を描くというの
今年はやってみようと思う

茨城の風景は
ますます魅力的に思え
風景画はつまんないかもと思っていたのがウソのように
どこを見ても絵が思い浮かぶ

これは 有難い
一方で
都会だとか 建物だとか まだ 発想はわかないのだけれど
面白い絵になりたい

使う色 というのもいつの間にか癖になっている
使わなかった色 というものも使いたい